キャンプ

【キャンプ】かぶとの森テラスでキャンプしてみた!【ツーリング】

今回、バイクを買ってはじめてソロキャンツーリングしてきました。

今回行ったのは、三重県亀山市にあるかぶとの森テラスって言うところでキャンプをしてきました。

スケジュール

一日の日程はこんな感じ。

  1. 10:30出発
  2. 11:00御在所SAで休憩。かつSA内にあるもくもくファームでソーセージとベーコン購入
  3. 12:00三重県亀山市関町にある川森食堂でお昼
  4. 12:30道の駅関宿
  5. ~14:00関宿の観光
  6. 14:30関IC付近のスーパーで食材買い出し
  7. 15:00かぶとの森テラス到着
  8. あとはゆったりキャンプ

二日目

  1. 11:00チェックアウト
  2. 11:30三重県伊賀市の伊賀の国 大山田温泉 そうぞの森 さるびの で温泉&お昼
  3. お家に帰る
  4. ギアのメンテンナンスと片付け【これにてキャンプ終了!】

 

1日目

御在所SA(下り)。SA内にあるもくもくファームのお店でチーズインソーセージと厚切りベーコンを購入。ついでにソフトクリームも!ここの(可愛い)店員さんがまだ研修中だったみたいで、「上手にできないのですが、いいですか?」って言っていましたが、確かによーく見ると少し不格好な気もするけど全然気にならない程度でした。むしろ、申し訳なさそうに言うそのセリフにおじさんは癒されました(変態)。それはさておき、お味はとても濃厚で牛乳の甘さを感じる美味しさでした。今度は本場のものを食べに行きたいですね。

亀山で有名との噂の川森食堂でみそ焼きうどんを食す。ほんのり甘いがほんの少し少しピリッとする辛さがある味噌とうどんのもちもち感が絶妙にマッチしていておいしかったです。見た目は焼きそばなのにね。店内はザ・庶民の食堂って雰囲気でたくさんの地元民が昼食を取りに来ていましたが、壁にはたくさんの有名人のサインがありました。

道の駅関宿。これと言って、なにかあるわけじゃないけど、寄った。大事な使命があるから寄った。

 

呪いの書の封印一つ解除。

道の駅関宿から車で5分くらいのところに関宿の街の観光用駐車場があるのでそこまで移動。駐車場は無料です。

困難感じで江戸時代の街並みの雰囲気が残っているところで、東海道五十三次の一つで江戸から数えて47番目になるらしい。かつては、参勤交代やお伊勢参りに行く人々でにぎわっていたそうです。

 

昭和の広告かな?レトロな看板とかもあって雰囲気がいいですね~。

郵便局のポストも昔のままなのでしょうか?別にこの時代に生きていたわけじゃないですけど、ノスタルジックさを感じますね。

関宿の観光名所の一つ百六利庭。江戸の日本橋から百六里(416.9km)のところにあることからつけられたそうです。ここから2階にあがり関宿の街を一望できます。(個人的にはもう少し高いところから見たかったですが)

 

百六里庭の中。うーん江戸の趣が感じられ…う、うーん、感じられたということにしておこう!

お祭りの山車がしまってある小屋。お祭りも有名みたいですね。なんでも「関の山」という言葉は、祭りの山車が狭い関宿の通りを通ったことが由来らしいですね。

関宿とは全然関係ないけど、近くにあった遊具手作りの公園。遊具が全部木で作ってありました。最近、公園の遊具って少なったよなー。

キリン?さん

駐車場の横にある足湯、小漫の湯。無料で入れます。

お湯は少し濁っていますが、結構熱めで気持ちがよかったです。ツーリングと関宿の街を歩き回って疲れた足を癒すにはもってこいですね!

途中、亀山のクラフトビール「乾杯のうた」を買いにドライブイン「亀山宿あんぜん文化村」に寄ったのですが、休みだったのかつぶれていたのか、わかりませんがやっていなく手に入りませんでした。トホホ( ;∀;)
そしてなぜか、オンボロのダットサンとオンボロの飛行機がありました。(FF7のタイニーブロンコが脳裏によぎる)

ここがかぶとの森テラスの入り口兼受付事務所。中には、薪やレンタル用品はもちろん、少しですが、キャンプ用品やお菓子なども売ってました。薪ももちろん売ってます。一束440円でした。

 

周りには、小さいですが一応川もあって、川のせせらぎも聞こえます。キャンプに水の音大事

 

芝生フリーサイト。車の横づけはできませんが、近くまで行けるので、ここだとうまくいけば、バイクとテントを一緒に写真に写すこともできそうですね。星もこっちのほうが見やすそうだし。今度来るときはこっちにしようかな。

ここをキャンプ地とする!って肝心の林間フリーサイトの写真を撮り忘れてるし!!仕方がないので、テントを張ったところを載せておきます。少しでも雰囲気が伝わればいいですが…。

フリーサイトですが、ある程度きれいに整備されているので、テントの設営ができる場所もある程度決まってる感じでしたし、設営も楽にできました。

周りが杉の木の林間サイトで、周りに着火剤(枯れた杉の枝)がたくさん落ちているので、火おこしがすごく楽です。

今回の食事は、ふるさと納税で手に入れた岐阜県関市の鉄板で焼いたステーキとエリンギのソテーとリンゴの丸焼きでございます。

いやー、網焼きのお肉も美味しいけど、鉄板×焚火で焼いたステーキも格別ですなー!何より焼いているときの音がたまらない!!

そして、リンゴの丸焼きもバターのコクとシナモンの香りがリンゴに染み込んで旨い!欲を言うなら、もう少し甘さが欲しかったから、はちみつかメープルシロップでも持ってこればよかった思いました。

 

忘れてならないのが、もくもくファーム(御在所SA)で買ったベーコンとウインナー。こちらも、

こんな感じに上手に焼けました~。ああ、また食べたい(また、食べよう!)

というわけで、今回は鉄板をメインに使ったキャンプ飯でした。
鉄板は重い(約2㎏)ですが、平たいのでカバンにも入り易いのがいいですね。

2日目

今回、初めてコットを使ってみましたが、意外と底冷えしたのと、消灯時間を過ぎても騒いでいるグルキャンパーがいたので、あまりよく寝れませんでした。
友達とさ、お酒を飲んでキャンプすると楽しいのはわかるよ、わかるけどさ。消灯時間は守ろうよ。

チェックアウトは11時までなので、それまでコーヒー&読書タイムでゆったりと過ごし、
チェックアウトが済んだら、近くにある温泉に行きます。

伊賀の国 大山田温泉 そうぞの森 さるびの
かぶとの森テラスから伊賀の方に車で10分ほどのところにあります。

温泉まではちょっとした峠道なので、ワインディングとか楽しめるけど、キャンプ道具積んでいたから怖かったわー。荷物があるだけであんなに怖いもんなんですね。車重が軽いMTで助かりました笑

ここの温泉はアルカリ性温泉で泉質がぬるぬるして気持ち良かったです。なんかえっちぃくらいぬるぬるしてました。

温泉に浸かったあとは、三重でお馴染みの大内山牛乳を飲み、併設してあるパン工房で、オススメのキーマカレーパンと完熟トマトと牛肉カレーパン、練乳パンを食べました。ネットのレビューだとキーマカレーが好評で、お店では練乳パンが1番人気と書いてあったので選択。どれも美味しかったですが、できたてだともっと美味しかったんだろうなー。

かぶとの森テラスの詳細

また来るときのためにキャンプ場のメモ

  • ゴミ捨て場:あり
  • 灰捨て場:あり
  • トイレ:あり
  • シャワー:あり(有料)
  • 自販機:あり
  • 近くにコンビニ・スーパー:なし ※受付でお菓子等は売っている
  • 温泉:車で10分ほどの距離にあり
  • 直火:禁止
  • 薪販売:あり 1束440円

その他細かい注意事項等

まとめ

なんだかんだで、バイクでの初めてのソロキャンでしたが、とても楽しめました。場所も名古屋から近いし、キャンプ場も対応が丁寧でよかったです。唯一残念だったのが、グルキャンパーが夜中うるさかったことくらいでしょうかね。

反省点としては、コットでもスリーピングマットはいる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持ち物リスト

 

ABOUT ME
ROM
■名前:ROM ■年齢:三十路 ■生息地:東海地方 ■職業:理学療法士 ■趣味:アウトドア、バイク、読書、キャンプ ■嫌いなこと・苦手なこと:陰口を聞くこと言うこと。人混み。 ■バイク:MT-03(20年式)